VOICE

NOZLE GRAPHICS

フリーランスデザイナーイラストレーター

Interview

どんなお仕事/活動をされていますか?

音楽業界でのアートディレクション、ジャケット制作を含む各種グラフィックデザインをはじめ、アパレルでのアートワーク提供、取引先ブランドのショーピース・モックアップ制作、フィギュア等をはじめとする原型製作/パッケージデザイン、各種店舗内装・什器などの制作も一人で何役もこなすマルチクリエイターとして活動。 量産ではないワンオフのカスタムメイドのプロダクト制作を主に手掛けています。

起業のきっかけは?

99年に勤務したレーベルでのDTPの経験がフリーランスになるターニングポイントでした。デザインはすべて独学で学びましたが、経験から得た物でも十分仕事として世の中に通用すると感じたのと、デザイン業以外の仕事、例えば過去にやってきた塗装や、原型製作、電子工作などすべてが仕事として活かせ、かつ個人で完結できると感じたので。

フリーランス・経営者として働くうえでの喜び/悩みは?

自分がクリエイターという分類に属するとした場合、会社組織内で行える作業には限界があり、結局自営業という選択肢しかなかったのもありますが、好きな事をやってるだけでは収入にもつながらず、そういったリスクも含め自身で仕事内容や状況を把握しないと進んで行けないという経験と反省、努力がダイレクトに次に活かせるのが最大の魅力だと感じています。

+graphの「Cloud & Agent」を導入したきっかけは?

「モノ作り」の仕事はルーチンワークではなく、毎日刻々と、淡々と進める業務です。その中、お金に関する事や経費、収支等の経理的な業務はいつもネックでした。帳簿をつける作業時間を「制作時間」にまわせたら……と考えていたところ、知人の紹介で知り、まさに探していたクリエイターに特化したサービスだなと感じ導入にいたりました。

このサービスをどんな人に勧めたいですか?

自分のような「モノ作り」「何かを創造」をしている方、とくにグラフィックデザインをしている方には最適だと思います。すべてを任せつつも、きちんと自分でも把握でき、ノウハウも学習できるシステム。余計な事を考えず「制作」に集中したい方、今後のステップアップにも対応してもらえるのでおすすめです。

Profile

NOZLE GRAPHICS
TSUNE
アートディレクター(2002年開業)
https://www.instagram.com/nozlegraphics/

高校卒業後、古着屋店主を勤務するかたわら、独学でカスタムカーの特殊塗装やエアブラシによるカスタムペイント、ピンストライピング、ハンドドローイングによるフライヤー制作などを始める。同じ頃、アナログPA機材をはじめ様々な電子機器、機械などの修繕も行っていた。96年デジタルでの制作もスタートし、99年に音楽レーベルの編成部でDTPオペレーター/デザイナー経験を経て、99年上京時に出会ったRAPPER/DJ/PRODUCERの故D.L氏(ex.BUDDHA BRAND / DEV LARGE)と共に2002年に「DEVASTATOR Enterprise」を立ち上げる。氏に関連するマネジメント業務や、データの管理、各メジャーレコード会社からの仕事の増加にともない2002年に独立。

Works

<スチャダラパー/LEAGUE OF LEGENDS : 7" JACKET> artist:スチャダラパー Feat.DEV LARGE, CQ FROM ILLMATIC BUDDHA M.C'S illustration & artwork : TSUNE client: KI/OON SONY / JET SET

<PUNPEE/MODERN TIMES : BOOKLET> artist:PUNPEE booklet illustration & artwork : TSUNE client: SUMMIT