VOICE

UTAGE.WORKS

フリーランス開発・エンジニエア

Interview

どんなお仕事/活動をされていますか?

ウェブのデザインから、コーディング、JSの実装まで、いわゆる「フロント側」と言われる部分を一通り対応しております。「一人で全部できる」というよりも「デザイン感覚のあるプログラマ」とか「実装可能性を考慮したデザインを作れるデザイナ」として評価していただいているようです。それに付帯してWordPressのテーマをスクラッチから作る制作案件もいただいております。 広告代理店からお仕事をいただくケースが多いですが、クライアントはナショナルクライアントから非営利団体まで幅広いです。 最近では、映像制作も案件として受けており、常に「ウェブでの表現」と共に生きている気がしています。

起業のきっかけは?

もともと「ロマン」として、いつかフリーランスになったり起業したりはしたいな、と漠然と考えておりました。前職ではまだ意識的に活動はしていませんでしたが、知り合いの広告代理店の方がお仕事をくれたり、社内で担当している業務内容から「社内フリーランス」と呼ばれたりして、徐々に地盤ができあがってきてきました。 そんな中、似たタイミングで学生時代の先輩が起業をしまして、会っていろいろ話をした結果、フリーランスになって協業していけたらいいね、となりまして。ほぼ私のほうがおんぶにだっことなる形でしたが、フリーランスになるリスクが大きく減ったこのタイミングで独立をしました。

フリーランス・経営者として働くうえでの喜び/悩みは?

仕事以外のことができる、という点ですね。自分で時間配分を考えなければいけないという難しさはありますが、自分を知って、その感覚を掴んでしまえば、自由に「空き時間」を作ることができるし、その時間で好きなことの知識を深めたり、新しいことを始めたりができるのがメリットと感じています。そしてそれが結果的に次の仕事に活きたりしますし、とても性に合っている気がします。 悩みは、気を抜くと堕落してしまう、ということくらいですかね。

+graphの「Cloud & Agent」を導入したきっかけは?

数字は得意なんですが、お金はなぜか苦手でずっと雑に対応してきておりました。ただ、年齢を増すにつれ、ずっとそのままというわけにも行かず…。 そんなときに知り合いに紹介いただいたのが +graph さんでした。Cloud & Agentを使い始めたのも、 +graph さんからの勧めでした。 当初は「担当される方が作業しやすくなるなら、それでいいか」という軽い気持ちで利用しはじめたのですが、ユーザーの声を直接聞いて開発されているだけあってか、他のサービスでは不足に感じていた部分が対応されており、使い勝手の良さを感じております。

このサービスをどんな人に勧めたいですか?

お金周りの処理が苦手な人、ですね。「全部を自分でやるためのサポートツール」ではなく、「+graphさんとユーザーとをつなぐツール」っぽいので、本当に必要最低限の情報を入力できればいい、というのが良いです。

Profile

UTAGE.WORKS
川嶋 光太郎
ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニア(2013年開業)
https://utage.works/

電気通信大学大学院を中退し、アルバイト先の広告制作会社に入社。ウェブ制作担当として従事。その後、DNPメディアクリエイトに転職し、ウェブ制作に加えてデジタルサイネージやiPadアプリの開発などを担当。所属部署の担当範囲を超えて活動していたことから、同僚から「社内フリーランス」と呼ばれるようになり、2013年、独立。フリーランスへ。

Works